超実践的 NKE の太陽光発電ブログ

両面パネル始めました。

両面パネル 白シート vs 砕石

今回採用した両面発電パネル。

地面の反射光を拾って発電するので、地面の材質により、どれだけ発電量が違うか実験してみました。

↓は白シートエリアです。

f:id:NKE:20200726104235j:plain

白シートエリア

 ↓は砕石エリアです。

f:id:NKE:20200726104334j:plain

砕石エリア

 見た目の明るさは全然違いますよね。砕石は水を吸うと暗いグレーっぽくなっています。差が出そうな感じ。

結果は、どうでしょうか。

 下の表は、各エリア(各パワコン)の発電量と、No.②の疑似片面パネルに対する比率(両面効果)を記載しています。

No. パネル種類 地面 アレイ 発電量
7/24-26
(曇り雨)
片面比
(両面効果)
両面 白シート 後列/4段/パワコン設置 44.6 109%
疑似片面※ 砕石 後列/4段 41.0 100%
両面 白シート 後列/4段 44.6 109%
両面 白シート 後列/4段 44.6 109%
両面 白シート 後列/4段 45.1 110%
両面 白シート 前列/3段 46.5 113%
両面 白シート 前列/3段 47.0 115%
両面 白シート+砕石 前列/3段 45.6 111%
両面 砕石 前列/4段 42.2 103%
両面 白シート+砕石 前列/4段 46.4 113%
※両面パネルの裏側を遮光加工して疑似的に片面パネルを作製(したつもり)。
⑩は接続枚数が1枚多いため比較用ではなく参考用として記載

結果は、白シートエリアが片面比で109%~115%(平均111%)発電しているのに対して、砕石エリアはたったの片面比103%(+3%)でした。白シートが圧勝です。

緑や黒の防草シートでも砕石と同じような結果になりそうです。

やはり両面パネルを使うなら、地面には白色系反射シートは必須ですね。

ちなみに今回用いたのは、小泉製麻製のルンルンシート白ピカという白防草シートです。

これは反射率90%以上で、防草効果ありで、汚れにくく、耐久性も期待でき、コスパも良いので、今のところこれ一択かなと思っています。まあ、あくまで、ネット検索レベルなので、他に良さそうなのがあれば是非とも教えたってください。