超実践的 NKE の太陽光発電ブログ

両面パネル始めました。

両面パネル 発電量実績(7/19~31)

↑  よければ「にほんブログ村」バナーのクリックお願いしますm(_ _)m

 

両面パネルの実績データを更新しました(~7/31)。 

 

いつも通り、近隣の片面発電所(影の影響なし)と比較しています。

パネル 両面 片面 片面
T社 J社 A社
単結晶ハーフカットセル
84.1 91.12 95.04
パワコン HUAWEI HUAWEI オムロンKPV
49.5 49.5 49.5
過積載率 170% 184% 192%
方位 南東
仰角 10° 10,15,20°
白ピカ率 7割 - -
7/19 410 419 432
7/20 380 384 381
7/21 396 378 389
7/22 441 444 441
7/23 216 205 203
7/24 164 159 155
7/25 176 175 171
7/26 108 96 100
7/27 213 209 205
7/28 252 241 240
7/29 253 247 243
7/30 207 211 194
7/31 345 344 342
7月
合計
合計発電量 [kWh] 3,560 3,510 3,497
曇り

合計発電量 [kWh] 1,589 1,542 1,511
1kWあたり[kWh/kW] 18.9 16.9 15.9
1kW,1日あたり[kWh/kW/日] 2.4 2.1 2.0
両面効果(片面 J 社比) 112% - -
両面効果(片面 A 社比) 119% - -
※ピークカットが発生しない天候なのでパネル1kWあたり発電量比較に適している

7/19-31のトータル発電量では、低容量84kWの両面パネルが3,560kWh、高積載の91,95kWの片面パネルが3510, 3497kWhと、またしても両面が勝利。

(1kWあたり発電量については、晴れの日を含むとピークカットの影響が出て、比較の意味がなくなるので、今回から抜きました。)

曇り雨の日では、両面の1kWあたり発電量は、片面Jに対して112%、片面Aに対しては119%※でした。

(※パワコン変換効率差1%(=HUAWEIオムロン)含む)

両面パネルは低日射の時ほど効果を発揮しています。 

 

しかも、白ピカ率はまだ7割程度なので、伸びしろはまだありそうです。 

 梅雨も明けたことなので、そろそろ白ピカを敷きにいかないと。

 

 両面パネルの下部には白ピカがおすすめです。

が、汚れ対策はしっかりしておかないと後でがっくりするのでご注意を。

f:id:NKE:20200730230102j:plain


 

↓ よければ「にほんブログ村」バナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村