超実践的 NKE の太陽光発電ブログ

両面パネル始めました。

両〇パネル×HUAWEI×白ピカ 3か月実績(8~10月)

初めての両〇パネルが連系して3か月半ほど経ちましたので、発電量実績をまとめてみました。

 

システム概要は、

f:id:NKE:20201104202844p:plain

と両〇パネル84.1kW×HUAWEI×白ピカで、コスパ抜群の仕様です。

 

7月の途中から開始だったので、8,9,10月の実績です。

場所は、三重県S市。

f:id:NKE:20201103220555p:plain

 シミュレーションは、表面出力のみ考慮し、裏面は考慮していません。

1kWあたりでは、年間1,149kWhと控え目過ぎない標準的な数値を使っています。

両〇パネルの対シミュ比は、8~10月の合計では117.4%と+17.4%の上振れでした。

 

グラフ化すると、

f:id:NKE:20201103220629p:plain

f:id:NKE:20201103220651p:plain

 初の両〇パネル、出だしはとても好調です!

 

ただ、これは過去ワーストの7月を含んでおらず、天候の良かった8月が平均を押し上げていて、過大評価されているので、同時期の片面と比較してみます。

ほぼ同じ場所の片面単結晶ハーフカットセルでは

f:id:NKE:20201103220807p:plain

対シミュ比で108.1%でした。 

 

両〇の上振れ率は、単純な差分では、9.3%(=両〇117.4%ー片面108.1%) でした。

(両〇÷片面でも似通った値)

多少の影や電圧抑制もありましたが、それでも9%ほど上振れしているので今のところは満足です。

 

これからは冬になり、太陽の高度が下がるので、両〇にとって、どっち方向に転ぶかですね。

この1か月で、大体傾向は見えてきそうです。

また報告しますね~。

 

以下、お薦め部材です。

両面パネル用の反射シートには、特定角度でまぶしいと感じる正反射(鏡面)タイプより、四方八方に拡散反射(乱反射)する下記の白ピカ(雪みたいなイメージ)が、良いと思っています。(思っているだけで、比較実験したわけではないですが、、、)


 

少しでも参考になりましたらクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村


太陽光発電ランキング